パソコンを修理する前に必要なデータの救出を

修理の前にするべきこと

パソコンを修理に出すにあたり、やっておかなければいけないのが、保存されているデータのバックアップ作成です。修理に出すことによって、パソコンを直すことはできますが、その際にデータが消失してしまう可能性があるためです。あまり重要ではないデータであればともかく、重要なデータを失っては目も当てられません。ですが、ここで一つ問題があります。動作に不具合があるが、一応使用できる状態であれば、どうにか外部メモリにバックアップを作ることができるでしょう。しかし、動かない場合、これが問題です。

どうやってデータを取り出すのか

パソコンが動作しない原因が、ハードディスク以外にあるのであれば、ハードディスクを取り出して、問題なく使用できるパソコンにつなぎ、データを引き出す、という方法をとることができます。あるいは、データ復旧サービスを利用するという方法もあります。動かなくなったパソコンから、データを抽出、復元してくれるサービスです。自力でのデータ救出ができそうもない場合は、素直に専門の業者に依頼してしまった方が確実でしょう。その場合は、信頼できる業者選びが重要になります。

普段から備えることの大切さ

パソコンを修理に出さなければいけないような緊急時には、このような方法で対処することができますが、それ以前に、普段から気をつけていることが一番です。データのバックアップは最低一つは作成しておけば、緊急事態に慌てる、ということもなくなります。何より、パソコンが壊れたとき、データがすべて無事に取り出せるという保証はありません。バックアップの作成は、記録できる外部メモリがあれば難しいことではないので、普段から心がけておきましょう。

パソコンの修理依頼する際には、店舗まで故障したパソコンを持っていく場合と郵送する場合があり選択できます。